Photographer: Carla Gottgens/Bloomberg

ヘッジファンドに不意打ち、金売り越し過去最大となった後に価格上昇

  • ヘッジファンドによる金の売越残高は少なくとも2006年以降で最大
  • 株式市場の下落で金価格は最近の取引レンジから上昇
Photographer: Carla Gottgens/Bloomberg

先週の金価格上昇が多くの市場関係者にとって不意打ちだったことを示す目安の一つとして、ヘッジファンドが数日前に金価格についてこれまでで最も弱気なポジションを取っていたことが挙げられる。

  米政府が12日発表したデータによると、投機家による金の先物とオプションの売越残高は9日終了週に少なくとも2006年以降で最大となった。世界の株式市場下落に加え、米国のインフレ率が予想を下回ったことから米金融当局が利上げペースを緩めるとの見方が広がったため、金価格は11日にかけて上昇した。

  上昇に転じた金価格は最近、低迷していた。株価の上昇と米国の金融引き締めを背景に、小幅に値上がりすることはあっても上昇は継続していなかった。通常、利上げは、利息の付かない金投資の魅力低下につながる。金価格は8月終盤以降1オンス当たり1200ドル近辺で推移し、ボラティリティー(変動性)を測る指数は今月に入って8カ月ぶりの低水準となっていた。

  アバーディーン・スタンダード・インベストメンツの投資戦略ディレクター、マクスウェル・ゴールド氏は「株式市場でのリスクの高まりによって金の市場心理は改善するはずだ」と指摘。「今は、株式市場のボラティリティーへの懸念に対するヘッジと投資先の多様化のために金投資のポジションを戦略的に積み上げる好機だ」と述べた。
  
原題:Rally Erupted in Gold Market Days After Funds Made Big Bear Bet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE