ソニーのスーパーヒーロー作品「ヴェノム」が2週連続首位

  • ヴェノムの興行収入は推計3570万ドル-コムスコア
  • アカデミー賞有力候補の「ファースト・マン」は初登場3位

週末の北米映画興行収入ランキングで、ソニー・ピクチャーズのスーパーヒーロー作品「ヴェノム」が新作3本を抑え、2週連続で首位となった。

ヴェノム

ソース:Sony Pictures

  調査会社コムスコアが電子メールで14日発表した推計値によれば、「スパイダーマン」に登場するマーベル・コミックのキャラクターを主人公にしたヴェノムの興行収入は3570万ドル(約40億円)。レディー・ガガ初主演作の「アリー/スター誕生」(ワーナー・ブラザーズ)は2800万ドルで2位だった。

  週末に公開された3作品のうち、宇宙飛行士ニール・アームストロングの伝記を基にした作品でアカデミー賞有力候補の「ファースト・マン」(ユニバーサル・ピクチャーズ)は1650万ドルを稼ぎ3位。ソニーのホラー映画続編「グースバンプス2:ホーンテッド・ハロウィーン」は1620万ドルで4位となり、21世紀フォックスのスリラー作品「バッド・タイムズ・アット・ジ・エル・ロワイヤル」(原題)は720万ドルで7位だった。

原題:‘Venom’ Wins Box Office Again, Boosting Sony Superhero Strategy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE