出口戦略開始の合図は金利目標の変更-日銀の黒田総裁

  • 物価上昇率が1%程度のため、今のところ現在の金利水準を維持する
  • インドネシア・バリ島でブルームバーグのインタビューに答えた

日本銀行の黒田東彦総裁は13日、金融緩和からの出口戦略の開始を知らせる準備が整った際は、金利目標の変更という形で明らかになるだろうと語った。黒田総裁が、将来の出口政策について明確に述べるのは異例。一方、今のところ現行の低金利政策を継続するとも強調した。

  黒田総裁は、日銀が出口に向かうことを知らせる方法について問われ、「2%物価上昇率が達成されたり、達成が近づいたりした場合は当然、金利目標を変更することがありうる」と説明。金利変更が出口戦略の開始の明確な合図になるとする黒田総裁の意図を確認する追加質問に対しては「その通りだ」と話した。インドネシア・バリ島でブルームバーグ・テレビジョンのインタビューに英語で答えた。

  「現時点では、物価上昇率は1%に過ぎず、現行の長短金利水準で金利操作を継続する」とも述べた。また物価の2%目標を達成するためには、賃金上昇の継続が重要との認識を示した。

黒田東彦総裁=13日、バリ島

写真:SeongJoon Cho / Bloomberg

原題:Kuroda Says Signal for Exit Would Be a Change in Target Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE