独セコノミーのCEOが退任-相次ぐ利益見通し下方修正受け

欧州最大の家電小売り、独セコノミーの最高経営責任者(CEO)、ピーター・ハース氏が退任した。相次ぐ利益見通し下方修正に投資家は不満を募らせていた。

  同社の発表によると、最高財務責任者(CFO)のマルク・フレーゼ氏と、取締役会メンバーのディーター・ハーグ・モルケンテラー氏が暫定的にハース氏の職務を引き継ぐ。

原題:Ceconomy Chief Haas Steps Down After Consecutive Profit Warnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE