JPモルガン:7-9月純金利収入過去最高ー債券トレーディング補う

  • 純金利収入は過去最高の139億ドル、調整後ベースで141億ドル
  • 債券トレーディング収入は10%減の28億4000万ドル、予想に届かず

米銀最大手、JPモルガン・チェースの7-9月(第3四半期)は、融資事業の利益拡大が債券トレーディング収入減少の影響を打ち消した。

  12日の決算発表によると、第3四半期の純金利収入は過去最高の139億ドル(約1兆5600億円)に増えた。金利上昇などが追い風になった。一方、債券トレーディング収入は10%減少した。

   ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は「経済的、地政学的不透明感の高まりにもかかわらず、米国と世界の経済は引き続き強い。ただ、不透明感は将来のある時点で経済に悪影響を与えるかもしれない」とコメントした。

  純金利収入のこれまでの最高は2008年第4四半期の138億ドル。第3四半期の純金利収入は調整後ベースでは141億ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト6人の予想平均の140億3000万ドルを上回った。貸倒引当金は9億4800万ドル、アナリスト予想は14億6000万ドルだった。

  トレーディング収入は44億ドル。株式トレーディング収入が17%増えて押し上げた。債券トレーディング収入は28億4000万ドルで、アナリスト予想に届かなかった。

  全体の純利益は24%増の83億8000万ドル(1株当たり2.34ドル)。前年同期は67億3000万ドル(同1.76ドル)、アナリスト23人の予想平均は1株当たり2.26ドルだった。

Lending Income Surges

JPMorgan's net interest income jumped to a record-high in the third quarter

Source: Bloomberg data

原題:JPMorgan Loan Business Notches Record in Back-to-Basics Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE