米スクエア株、一段安-フライヤーCFO退社の発表が響く

  • 株価は一時16%安と、約11カ月ぶりの大きな下げ
  • CFO退社に伴う不確実性で株価は圧迫されるとアナリスト予想

11日の米株式市場でモバイル決済サービスの米スクエア株が続落。一時は16%安と、日中ベースで約11カ月ぶりの大きな下げとなった。  

サラ・フライヤー氏

撮影:David Paul Morris / Bloomberg

  同社は前日、サラ・フライヤー最高財務責任者(CFO)が退社すると発表。高い評価を受けていた同CFOの突然の退社に伴う不確実性で、株価は今後数カ月にわたって圧迫されるとウォール街のアナリストらは予想している。

  フライヤー氏が実質的に事業を運営しており、後任探しの責任は重大だとアナリストは指摘。フライヤー氏は投資家との信頼感を構築し、同社が市場予想を超える業績を達成する上でも重要な役割を果たしていたという。

原題:Square Shares Plunge Further as Analysts Lament Loss of CFO (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE