アリペイ:ハッカーが盗んだアップルID使い顧客資金を奪う

  • ネット決済で中国最大のアリペイ、盗まれた金額は明かさず
  • アリペイ:アップルと連携し真相究明に取り組んでいる

中国最大のインターネット決済プラットフォーム「アリペイ(支付宝)」は、サイバー攻撃者が盗んだアップルIDを用いて顧客アカウントに侵入し、資金を奪ったとユーザーに警告した。アリペイのセキュリティーが侵害されるのは異例。盗まれた金額は明らかにしていない。

  螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)を親会社とするアリペイはソーシャルメディア、微博のブログで、アップルに連絡してセキュリティー侵害の真相究明に取り組んでいることを明らかにした。同社はテンセント・ホールディングス(騰訊)のウィペイを含む決済サービスとアップルのIDを関連付けているユーザーに対し、取引上限を引き下げてさらなる損害を防止するよう警告した。

  ハッカーによるアップルIDの入手経路は不明。アップルの担当者に取材を試みたが、返答はない。

  アリペイは「アップルがこの問題を解決していないことから、アリペイやウィペイ、クレジットカードなどの決済手段にアップルIDをリンクさせているユーザーは、窃盗被害を受ける恐れがある」とブログに記した。

原題:Alipay Says Hackers Used Stolen Apple IDs to Siphon Off Money(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE