ムニューシン米財務長官:米市場の「調整」に大きな驚きない

更新日時
  • 米経済のファンダメンタルズは引き続き非常に強い-米財務長官
  • 米国株の急落、深読みするべきでないとIMF専務理事

10日の米市場での混乱は単なる調整であり、より広範なシステム全体の問題を反映したものではない。ムニューシン米財務長官が11日、こう指摘した。

  同長官は国際通貨基金(IMF)の年次総会が開かれているインドネシアのバリ島でインタビューに応じ、「市場は非効率なもので、いずれの方向にもオーバーシュートすることが時としてある」と語った。

  「米経済のファンダメンタルズは引き続き非常に強く、米株式市場がこれまでこんなに良いパフォーマンスを見せたのはこのためだと思う。ちょっとした調整があったという事実は、相場がこれだけ上昇していることを考えると、特に驚きではない」と述べた。

ムニューシン米財務長官

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  中国と米国の貿易戦争を巡る新たな懸念が幅広い株売りを招き、10日のS&P500種株価指数は2月以来の大きな下落となったが、ムニューシン長官は同日について言えば「特別なことは何も起こらなかった。これはシステミックな問題ではない」と述べた。

  こうした見方にラガルドIMF専務理事も11日同調。米国株の急落を深読みすべきではないとの認識で、「上昇もあれば下落もある。米国株と株式市場全般が極度に高くなっていたとみていいと思う」と述べた。一方で、「われわれはやや前例のない状況に直面している」として米国で広がる保護主義と金融引き締めを挙げ、「この2つの要因の組み合わせが恐らく市場に幾分の緊張をもたらしている」と指摘した。通貨が急落した新興国市場から他国への「波及」の証拠は見られないとも語った。

  米国では10日、アトランタ連銀のボスティック総裁が「株式市場の動きそれ自体によって、私自身の景気判断を見直すことはない」と発言。シカゴ連銀のエバンス総裁も「金融安定環境がまあまあ妥当で、現状は適切とみる私の基本的な見方を変える何かがここ数週間に起きたとは」認識していないと話すなど、米金融当局者も相場下落が米経済に与える影響を深刻視しない姿勢を示した。

  米国株の強烈な下げは、11日のアジア市場を直撃。日経平均、香港ハンセン指数とも下落率は3%を超えた。ドルは下げ、一部の新興国通貨は売り圧力にさらされている。
  

原題:Mnuchin Says U.S. Markets ‘Correction’ Is Not Very Surprising(抜粋)
原題:Mnuchin, Fed Officials Downplay Market Rout as Sell-Off Widens (抜粋)

(第5段落以降にIMF専務理事らのコメントを加え更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE