独バイエル、動物用薬品事業の売却を検討-関係者

  • 売却は差し迫っておらず、最終決定も行われていない
  • バイエルはモンサント買収に伴い資産の幅広い再評価を進める

ドイツのバイエルは、630億ドル(約7兆600億円)でのモンサント買収に伴い資産ポートフォリオの精査を進める過程で、動物用薬品事業の売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  資産査定が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、バイエルは幅広い見直しの一環として動物用薬品事業を再評価しているが、売却は差し迫っていないという。最終決定は行われておらず、売却を取りやめる可能性もある。

原題:Bayer Is Said to Mull Vet Unit Sale in Post-Monsanto Revamp (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE