全ての投資家の目がくぎ付け、S&P500種の節目水準

  米国株の指標、S&P500種株価指数は10日に2月以来最悪の下落を演じた。下げは続きそうだ。指数先物は11日のアジア時間の取引で一時1.1%安の2750.25を付けた。これは同指数の200日移動平均を下回る。前回この節目を割り込んだのは5月で、その後に反発して9月に過去最高値を更新した。

原題:All Eyes on S&P 500 Key Technical Level as Futures Sink: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE