コンテンツにスキップする
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg
cojp

中国の華為、新AI半導体を発表-クアルコムやエヌビディアに対抗

Components are seen on a circuit board inside Huawei Technologies Co.'s S12700 Series Agile Switches on display in an exhibition hall at the company's headquarters in Shenzhen, China, on Tuesday, June 5, 2018. Facebook Inc. said it had data-sharing partnerships with four Chinese consumer-device makers, including Huawei, escalating concerns that the social network has consistently failed to tell users how their personal information flows beyond Facebook.
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国最大の通信機器・携帯電話メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は、スマートフォンの出荷台数で米アップルを追い抜いた今、半導体市場でも米大手テクノロジー企業に対抗したい考えだ。

  華為は10日、最新半導体シリーズ「アセンド」を発表。機械学習能力を持ち、米クアルコムやエヌビディアが設計した製品と肩を並べられると説明した。

  また、これらの人工知能(AI)半導体を活用するクラウドコンピューティングサービスや自動運転車向け専用データセンターも導入し、米アマゾン・ドット・コムやマイクロソフト、中国のアリババ・グループ・ホールディングが支配的地位にある市場にも業容を拡大する。

原題:China’s Huawei Takes Aim at Qualcomm, Nvidia With New AI Chips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE