コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Flynn/Bloomberg
cojp

コスト増で企業利益が押しつぶされる-株式にとって「最大のリスク」

  • マージンへの圧力高まる-コストを警告する企業が増加
  • 消費関連と素材に最も圧力がかかる-マーティンアダムス氏が予想
A worker uses a forklift to move aluminum ingots in a warehouse at the Port of New Orleans in New Orleans, Louisiana, U.S., on Tuesday, Sept. 18, 2018. The U.S. Census Bureau is scheduled to release trade balance figures on October 5.
Photographer: Alex Flynn/Bloomberg

株式市場の強気派にとって一つの悪夢は、経済における何かが企業のコストを押し上げ始め、上昇相場の背景にある驚異的な企業収益が破壊されることだ。その兆候が増しつつある。

  その兆しは人件費や輸送費、原材料価格の上昇や中国産品への関税に係る費用まで、セクターごとに異なる。今週は工業・建設資材供給のファスナル、化学メーカーのPPGインダストリーズやトリンセオの少なくとも3社が利益率の低下に警告を発した。

  米国と中国の貿易戦争や金利上昇に伴う借り入れコスト増、人件費や原材料価格の上昇、輸送コストの増加と問題は数多くあり、アナリストが今決算シーズンの利益率見通しに特別の注意を払っている理由は容易に理解できる。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのチーフエクイティーストラテジスト、ジーナ・マーティンアダムス氏は「S&P500種株価指数にとって、マージンは7-9月(第3四半期)決算発表シーズンにおける最大のリスクのようだ。2017年末以降、アナリストらは粗利益率見通しを引き下げつつある」と指摘。「消費関連と素材セクターに最も圧力がかかるだろう。一方、エネルギーと工業部門はコストの転嫁が可能だ」と述べた。
          

The S&P stocks that trade near record are expected to post solid profit margin growth

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチによると、S&P500種構成企業が先月発表した見通しでは、利益率予想がウォール街のコンセンサスを下回った企業が上回った企業の2倍余りに達した。同行の株式ストラテジスト、ジル・ケアリー・ホール氏は、この格差は2年半ぶりの大きさだと指摘している。
           
原題:‘Biggest Risk’ Punishes Stocks as Costs Squeeze Profit Margins(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE