トランプ大統領「FRBは常軌を逸した」-利上げをあらためて批判

更新日時
  • 株価急落は「長く待ち構えていた調整」だとトランプ大統領
  • 10日の米株式相場は2月以来の大幅下落-米中摩擦懸念で

トランプ大統領

Photographer: Evan Vucci/AP
Photographer: Evan Vucci/AP

トランプ米大統領は10日、米利上げは「誤り」だと述べ、金融当局をあらためて批判した。米株式相場はこの日、2月以来の大幅下落となった。

  大統領は選挙集会を訪れるためペンシルベニアに到着した際、記者団に対し、「連邦準備制度は常軌を逸した」とした上で、「安全は十分に確保され、余裕は大いにあると主張できるだろうが、私は連邦準備制度が常軌を逸したと思う」と語った。

  サンダース大統領報道官は、米株式市場の取引終了後の声明で、株価急落はあったものの米経済は「非常に強い」と述べた。この日の株安について、アナリストは米中貿易摩擦の激化が一因だと指摘している。

  トランプ大統領は株価急落について、「われわれが長く待ち構えていた調整だ」と発言した。大統領はこれまで株価が最高値を更新する度に自身の経済政策の正しさが証明されたと手放しで喜んでいた。

  ホワイトハウス当局者によると、トランプ大統領はこの日、株安について報告を受けていた。サンダース報道官は声明で、「米経済のファンダメンタルズと将来は引き続き非常に強い」とし、「こうした歴史的成果の理由はトランプ大統領の経済政策であり、持続的成長のための堅固な基礎を築いた」とコメントした。

  10日は中国との貿易戦争の影響への懸念が広がり、テクノロジー・工業株が下落。S&P500種株価指数は2月以来の大幅下落となり、ダウ工業株30種平均は約832ドル下げて終わった。ナスダック100指数は約4%下落と、この7年で最大の下げとなった。

原題:Trump Says Fed ‘Has Gone Crazy’ After Stock Market Sell-Off (1)(抜粋)

(4段落目以降にトランプ大統領のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE