ブロードコム:CA買収リスクあおる国防総省の「偽造」文書が流布

半導体メーカーのブロードコムは完了間近の米CAテクノロジーズの買収を巡り、国家安全保障面での懸念をあおることを狙った文書偽造の被害に遭ったと明らかにした。

  ブロードコムによると、米国防総省の見解と称して議員の間で出回っている文書には、同省が精査した結果、CA買収計画を見直す必要があると警告されている。ブロードコムは声明で、米国防総省の当局者からその文書が偽造であるとの報告を受けたと述べた。

  国防総省も声明を出し、「偽造された可能性が高い」との認識を示した。

  偽造がCA買収阻止を狙ったものなのか、利益目的に株価の変動を狙ったのかは不明だが、ブロードコムの説明と一致する内容の文書が今週、匿名でブルームバーグ・ニュースにも届けられていた。

原題:Broadcom Says It’s Victim of Fraudulent Memo on CA Deal Risk (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE