パウエル議長の危険な賭けか、景気過熱予防でインフレ期待に望み託す

  • 「期待がつなぎ止められていることが鍵だ」とパウエルFRB議長
  • 元米金融当局者はインフレ期待を「観測不可能」な変数と表現

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、景気過熱を予防する上で1つの変数に望みを託している。議長の同僚だった元米金融当局者が「全ての中で最も重要で観測不可能」と呼ぶその変数とは、インフレ期待(予想インフレ率)だ。

  パウエル議長は最近の講演で、米失業率が約50年ぶりの低水準に改善しても金融当局が落ち着いていられるのは、当局が物価安定を保つと人々がおおむね信じ、インフレ高進を招いていないためであると指摘。先週には「期待がつなぎ止められていることが鍵だ」と語った。

  問題は、インフレ期待が何であるかや、それがどのように変化する可能性があるのか推測するのは容易でない点だ。さらに、価格設定でほぼ間違いなく最重要プレーヤーである企業が、生計費についてどのような予想を立てているのかを示す指標はない。このため、パウエル議長がインフレ期待に重点を置くことは、当局が漸進的な利上げを進める上で、潜在的なリスクをはらむ行為となる。

  元FRB理事としてパウエル議長の同僚だったダニエル・タルーロ氏は、「インフレ期待の概念は著しく理論化が進んでおらず、実証的に突き止めるのは難しい」と、昨年10月の講演で発言。イエレン前FRB議長も昨年9月の講演で、「インフレ期待が時間の経過とともにどのように、そしていかなる理由で変化するかをエコノミストが正確に理解するには限界がある」と述べていた。

  インフレが制御不可能な事態となれば、投資家には悪いニュースだ。インフレ高進見通しではなく、主に経済の力強さを背景とした米国債利回りの上昇で、株式市場はこのところ売りを浴びている。賃金上昇と原油高で消費者物価が急上昇すれば、米金融当局もインフレ抑制のための漸進的な戦略を見直さなければならなくなり、利回りは一段と上昇する可能性もある。

  JPモルガン・チェースの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェロリ氏はインタビューで、「米金融当局の予想よりも労働市場は若干逼迫(ひっぱく)の度合いが強まり、インフレはやや加速の程度が増すだろう」と指摘。その結果、当局がもう少し踏み込んで利上げしなければならなくなるリスクがあるとの見方を示した。

  パウエル議長はかねて、自然失業率や中立金利といった「観測不可能」な変数に過度に頼ることに対し重ねて警告を発してきた。議長がインフレ期待という1つの漠然とした概念を政策策定の根拠とするのであれば皮肉なことと言えそうだ。

原題:Powell Places Risky Bet as He Stokes Too-Good-to-Be-True Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE