米ベライゾン新CEOが上級幹部刷新に動く、5G展開に向け-関係者

  • ベストベリCEOが上級幹部300人と直接面接を行っている
  • ネットワーク拡張の実行を統括する人材を選定する

米ベライゾン・コミュニケーションズの最高経営責任者(CEO)に8月に就任したハンス・ベストベリ氏は、経営チーム刷新のため、上級幹部300人と直接面接を行っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。過去数年で最も大規模なネットワーク拡張の実行を統括する人材を選定する。

ハンス・ベストベリCEO

写真家:Johan Jeppsson / Bloomberg

  面談に参加した個々の幹部との会話の内容を引用し、関係者の1人が匿名を条件に語ったところでは、全ての幹部が基準を満たすわけではない見通し。

  ベライゾンは先週、前CEOが打ち出した100億ドル(約1兆1300億円)のコスト削減プログラムの一環として、管理職クラス最大4万4000人を対象に早期退職パッケージを提示したことを明らかにした。情報技術(IT)担当の社員2500人もアウトソーシング先であるインドのインフォシスに異動させる。

  一連の改革が会社のスリム化につながり、第5世代(5G)ネットワークのより効率的な展開が可能になるとベストベリCEOは期待している。

5G展開について語るベストベリCEO

市場:The Open。​​」(出所:Bloomberg)

原題:Verizon’s New CEO Is Said to Weigh Top-Level Shake-Up in 5G Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE