中国テンセント、25兆円近い時価総額失う-最悪記録を相次ぎ更新

  • 1月の高値から38%下落、04年の香港上場以降で最も大きい
  • セルサイドアナリストはテンセント株に強気-投資家は二の足

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

香港株式市場に上場している中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)株が2200億米ドル(約24兆8700億円)相当の時価総額を失い、未踏の領域に入っている。

  テンセントは今年、世界のどの企業よりも時価総額を減らしているだけではない。1月高値から終値ベースで38%下げており、2004年の香港上場以降で下落幅が最も大きい。テンセント株はまだ底入れせず、カレンダーベースで259日間の下落傾向にある。9日は前日比1.7%安の293.80香港ドルと8日続落し、過去最長に並んだ。

  新規株式公開(IPO)から今年1月までで6万7000%余りのリターンを記録し、世界の大型株では群を抜いて良好なパフォーマンスだったテンセント株にとっては状況が一変している。テクノロジー銘柄の高いバリュエーションを巡る世界的な懸念に加え、3月にはテンセントがマージンの悪化を警告。最古参の株主の一角も約110億ドル相当の株式を売却すると発表し、下げに拍車が掛かった。これに10年余ぶりとなる減益や中国当局によるゲーム規制が追い打ちをかけ、最近では中国経済の減速や人民元安も悪材料になっている。

  こうした中でもテンセント株に強気なのはセルサイドアナリストだ。ブルームバーグが対象とする49人のうち1人を除くアナリストが「買い」に相当する投資判断を付与している。今後1年の目標株価のコンセンサスは52%の持ち直しを示唆している。

  だが、このアナリストらは現在の大きな下げを予測できておらず、投資家は買いに二の足を踏んでいるのかもしれない。ブルームバーグの集計データによると、最近の下落を踏まえても、テンセント株の株価収益率(PER)は今後1年の予想ベースで25倍。08年、11年の大幅下落後に底入れした際のPERは20倍近くだった。

Tencent's Longest Fall

Stock's slump is the most protracted since it listed in 2004

Source: Bloomberg

Note: Date refers to when the stock bottomed after a decline of at least 20% from recent peak, without a rally of the same magnitude

原題:Tencent’s $220 Billion Rout Is Breaking All Kinds of Records (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE