IEA事務局長、産油国に増産訴え-石油市場「危険区域」と警告

国際エネルギー機関(IEA)は、原油価格が世界経済に打撃を及ぼしつつあると警告し、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国に増産を直接呼び掛けた。

ビロルIEA事務局長

Photographer: Aaron M. Sprecher/Bloomberg

  IEAのビロル事務局長は9日、「われわれ全員が危険な状況を目にするはずだ。石油市場は危険区域に入りつつある」と指摘。「全員が協力して市場を落ち着かせようと努力するべきだ。現時点で消費者や輸入業者にとっての悪材料であっても、近い将来に生産者にとっての悪材料になるだろうと考えられるからだ」と語った。

  IEAは先週、産油国が供給を増やす措置を取らなければ、世界最高水準の経済成長を続ける一部の国で原油高により需要が冷え込む可能性があるとの見方を示した。

  ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じたビロル事務局長は、OPEC最大の産油国であるサウジアラビアの生産拡大努力を歓迎しつつ、市場のひっ迫は続く公算が大きいと述べ、「主要産油国が大きな動きを示さない限り、今年の10-12月期は極めて厳しくなる」と続けた。

Into the Red Zone

Supply disruptions in Iran and Venezuela have pushed oil to four-year highs

Source: ICE Futures Europe

原題:IEA Urges OPEC to Open the Taps as Oil Market Enters ‘Red Zone’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE