トランプ大統領へのアジアのハードル高まる-国務長官の訪問成果なく

  • ポンペオ長官:北朝鮮で冷たい仕打ち、中国では公然と非難受ける
  • トランプ大統領は中間選挙控え国内政治に重点置く
Photographer: Pool/Getty Images AsiaPac
Photographer: Pool/Getty Images AsiaPac

ポンペオ米国務長官は先週末からの3日間の東アジア訪問で、揺らぎつつある対北朝鮮制裁へのてこ入れや第2回米朝首脳会談の日程設定、ペンス米副大統領の対中批判巡る中国高官へのとりなしを目指したが、いずれも思惑通り進まなかった。

北京で握手するポンペオ米国務長官(左)と中国の王毅外相(8日)

フォトグラファー:Daisuke Suzuki / AFP via Getty Images

  ポンペオ長官は中国と対峙(たいじ)する一方で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を会談に誘い込もうとするトランプ大統領の戦略の限界に直面せざるを得なかった。まず、同長官は平壌の空港で出迎えた金英哲党副委員長から、金委員長との会談に同席できる米当局者は3人だけだと言い渡される仕打ちを受けた。さらに中国では王毅外相から、貿易摩擦をエスカレートさせ台湾問題や内政に介入しているのは米国だと公然と非難された。同長官は結局、ほとんど新たな成果を得ることなく帰国することとなった。

  この訪問は、極めて重要な中間選挙を控えトランプ大統領が混乱する国内政治に重点を置く中で、アジアにおける米国の影響力に対抗する動きをトランプ政権が抑えられないでいる実態を浮き彫りにした。トランプ大統領は可能であれば11月6日の中間選挙前に金委員長と再び会談をしたいと考えているものの、来月シンガポールで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)やパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議にはペンス副大統領を代理で出席させる。

  ポンペオ長官が最も高いハードルに直面したのは平壌だった。双方は温かい言葉を交わしたものの、結局、長官は米朝首脳会談の日程を定められず、非核化の日程的な目標の言質も得られなかった。

  ヘリテージ財団の北東アジア上級研究員、ブルース・クリンガー氏は電子メールで、「米朝首脳会談から4カ月がたっても、いまだに『非核化』や『朝鮮半島』といった明快と思われる文言の共通の定義さえも明らかにされていない」と指摘した。

原題:Trump’s Asia Hurdles Rise After Pompeo Gets Snubbed, Lectured(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE