タームプレミアムが復活、米10年債利回り上昇後押し

  10年物米国債利回りが先週、2011年以来の高水準に達した。この背景には米国債タームプレミアムの上昇がある。ニューヨーク連銀のデータによると、短期の債券をロールオーバーする代わりに長期の債券を保有する際に投資家が求めるプレミアムは先週、5月以来の高水準に達した。10月4日時点のデータによると、同プレミアムは依然マイナスではあるものの、ゼロに近づいている。ラジブ・セティア氏らバークレイズのストラテジストはさらに上昇余地があるとみている。

原題:Term Premium Revival Adds Fuel to Treasury Yield Increase: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE