エアバス、エミレーツ航空からのA380受注が暗礁に-関係者

  • エミレーツはエンジン価格や燃料燃焼を巡りロールス・ロイスと協議
  • エアバスは1月に最大160億ドル相当の受注でエミレーツと合意

欧州の航空機メーカー、エアバスがエミレーツ航空から獲得した超大型航空機A380の受注が暗礁に乗り上げている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。エンジンを巡る交渉が長引いており、A380の生産継続にとって重要な受注が危うくなりかねない状況だ。

  社外秘の情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、性能パラメーターを満たしていないロールス・ロイス・ホールディングス製エンジンの価格や燃料燃焼について、エミレーツがロールス・ロイスと協議を続けている。エンジンの選定期限は過ぎており、2020年の初回納入が遅れる可能性に加え、契約全体が脅かされる恐れすらあるという。

  A380の唯一の大口顧客であるエミレーツは数カ月にわたる交渉を経て、A380最大36機、160億ドル(現在の為替レートで約1兆8000億円)相当の購入でエアバスと1月に合意。A380の受注全体の約半分を占めるエミレーツは、エンジン供給業者をゼネラル・エレクトリック(GE)とプラット・アンド・ホイットニーの合弁会社からロールスロイスに数年前に乗り換えた。

  エアバスとロールス・ロイス、エミレーツの広報担当者はいずれもコメントを控えている。

Mega Customer

Emirates is by far the biggest buyer of the A380 superjumbo

Note: Figures represent outstanding A380 deliveries; Emirates figure excludes options for 16 additional orders

Source: Company data for September

原題:Airbus’s Emirates Deal to Save A380 Jumbo Is Said to Stall (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE