アンデュラン氏の石油ヘッジファンド、9月の運用成績はプラス15%

  • ここ約4年で最高の月間運用成績、今年の損失を打ち消す
  • 北海ブレント原油が9月下旬に上昇、100ドルに達するとの見方も

最も強気な石油投資家の1人、ピエール・アンデュラン氏のヘッジファンドがここ約4年で最高の月間運用成績を記録し、今年の損失を打ち消した。原油価格が9月に上昇したことが要因。

  ブルームバーグが閲覧した投資家向け書簡によれば、運用資産12億ドル(約1400億円)のアンデュラン・コモディティーズ・マスター・ファンドの9月の運用成績はプラス14.7%と、2014年12月以降で最高を記録。これにより今年のリターンはプラス11.3%となった。広報担当者はコメントを控えた。

ピエール・アンデュラン氏

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

  アンデュラン氏は、原油価格が9月下旬に1バレル当たり80ドルを上回り、エネルギー価格が上昇したことの恩恵を受けた。大手石油取引各社は、世界指標である北海ブレント原油価格が年末か来年初めに100ドルに達する可能性が高いとみている。

  石油輸出国機構(OPEC)と協調する産油国がアルジェで開かれた会合で大幅な増産方針を示さなかったことを受け、ブレント原油は9月下旬に4年ぶりの高値を付けた。この会合の前にトランプ米大統領は、米国が制裁を科しているイランの原油輸出減少を補うためOPECに対し生産を増やすよう要請していた。

原題:Andurand’s Oil Hedge Fund Gains 15% in Best Month in Four Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE