債券利回り急上昇がもたらす、株式「最後のとりで」崩壊

Photographer: Martin Leissl / Bloomberg

Photographer: Martin Leissl / Bloomberg

モルガン・スタンレーのアナリストが株式投資における「最後のとりで」とみていたグロース株に、ついに終焉(しゅうえん)が訪れようとしている。

  米国債利回りの急上昇で、投資家はグロース株を売却するかどうかの瀬戸際に立たされている。同行ストラテジストによれば、株価収益率が高いグロース銘柄は金利リスクの影響を特に受けやすい。この見解が正しければ、米株の強気相場で最大の勝者だったグロース株に終わりを告げることになる。

  モルガン・スタンレーの米国株担当チーフストラテジスト、マイク・ウィルソン氏は7日のリポートで、「配当が少なくバリュエーションが高いことを考えると、高値圏にあるグロース株はほぼ間違いなく、世界で最もデュレーションが長い(金利感応度が高い)資産だ」と指摘。「それゆえ、グロース株がいずれ金利上昇に屈することになるのは、全くもって理にかなっている」と記した。

  投資家が債券よりもリスクの高い株式を選好する上で求める株式のリスクプレミアムは、債券利回り急上昇を受けて縮小し始めた。特に株価水準の高いグロース株の益回りは、10年債利回りとの比較で魅力が低下している。

原題:Bond Tumult to Hit Last Stock Market Pillar, Morgan Stanley Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE