米アクサルタ、ハーンCEOが調査受けて退社-調査の詳細明かさず

自動車用塗料メーカー、米アクサルタ・コーティング・システムズのテレンス・ハーン最高経営責任者(CEO)が就任からわずか1カ月で退社した。同社は会社規定に「反する」行為が調査で明らかになったとしているが、具体的にどのような行為があったかには触れていない。

  アクサルタはハーン氏(52)の入社前の行為も調査の対象だったかどうかなど、調査に関するその他一切のコメントを控えた。調査は社外弁護士が実施した。

  同社は8日の発表文で、ロバート・ブライアント最高財務責任者(CFO、50)を暫定CEOに指名したと明らかにした。また、ハーン氏の退社は財務問題には無関係だと述べた。

原題:Paintmaker’s CEO Exits After One Month for Undisclosed Conduct(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE