イタリア副首相:本当の敵はユンケル欧州委員長-緊縮財政を非難

  • イタリア政府、予算巡り欧州委員会との衝突必至-債券と株が急落
  • 欧州委員会はイタリア政府に書簡、予算案は「大きく逸脱」と指摘

イタリアのサルビーニ副首相は、欧州にとって本当の敵はユンケル欧州委員長と欧州連合(EU)の官僚らだと名指し、予算に制限をかけ開かれた国境を推進していると非難した。この発言を受け、イタリアの国債と株式は急落した。

イタリアのサルビーニ副首相とフランスの極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(8日)

Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg

  サルビーニ氏は8日、ローマで開かれたイベントにフランスのマリーヌ・ルペン極右政党・国民戦線(FN)党首と同席し、雇用創出に注力する勢力とユンケル委員長やモスコビシ欧州委員(経済・財務・税制担当)ら緊縮財政を優先する勢力は来年の欧州議会選挙で対戦すると述べた。

  サルビーニ氏は「ブリュッセルの塹壕(ざんごう)にこもっているユンケル氏やモスコビシ氏ら欧州の敵と、われわれは闘っている」と述べ、「過去数年間の緊縮政策はイタリアの債務を増やし、イタリアを貧しくした」と続けた。

  イタリアの政権幹部がEUの基本原則を攻撃する新たな戦線を敷いたことを受け、金融市場の圧力は増している。8日の市場で同国10年債利回りは2014年以来初めてとなる3.5%を突破し、3.63%まで上昇した。ロンドン時間午後2時6分時点では前週末比16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.59%。主要株価指数のFTSE・MIB指数は2017年4月以来の安値に低下した。

  欧州委員会ではモスコビシ委員とドムブロフスキス副委員長(金融安定・金融サービス担当)がイタリアのトリア財務相に宛てた書簡で、財政赤字を国内総生産(GDP)の2.4%とする同国の予算案について、財政の軌道から「大きく逸脱」していると指摘した。サルビーニ氏と共に副首相を務めるディマイオ氏はこの批判に動ぜず、反緊縮への賛同の声は欧州全体で強まるだろうと語った。

欧州の敵はユンケル欧州委員長やモスコビシ委員だと話すイタリアのサルビーニ副首相

Source: Bloomberg)

原題:Salvini Says Juncker’s Austerity Regime Europe’s Real Enemy (2)(抜粋)
Italian Markets Convulse After Budget Standoff With EU Deepens

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE