極右ボルソナロ氏が大差で首位、ブラジル大統領選は28日決選投票

  • ボルソナロ氏は決選投票で労働党(PT)候補アダジ氏と対決する
  • ボルソナロ氏の得票率は46.2%、アダジ氏は29.1%

7日に実施されたブラジル大統領選の第1回投票で、極右の元軍人ジャイール・ボルソナロ下院議員が大差で首位に立った。同氏が掲げる強硬な主張に、長年にわたるリセッション(景気後退)や汚職スキャンダル、犯罪の増加に憤る有権者の支持が集まった。

  この結果、ボルソナロ氏は28日の決選投票で労働党(PT)候補フェルナンド・アダジ氏と対決することが決まった。

ジャイール・ボルソナロ氏

フォトグラファー:Dado Galdieri / Bloomberg

  7日のボルソナロ氏のリードは圧倒的で、一時は決選投票なしに当選が決まるのに十分な票を獲得できる可能性があると思われていた。

  選挙管理当局によると、ボルソナロ氏の得票率は46.2%と、第1回投票で当選を決めるために必要な過半数に届かなかった。アダジ氏の得票率は29.1%。

フェルナンド・アダジ氏

フォトグラファー:Patricia Monteiro / Bloomberg

原題:Brazil’s Strongman Closes in on Presidency After Round-One Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE