トランプ大統領、金正恩委員長と「近い将来」に会談望む

  • ポンペオ米国務長官は7日に金朝鮮労働党委員長と会談
  • ポンペオ長官はこの後北京を訪問、8日にワシントンに戻る

トランプ大統領、金正恩委員長

Photographer: SAUL LOEB/AFP
Photographer: SAUL LOEB/AFP

トランプ米大統領は7日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と「近い将来」に再び会談することを期待していると表明した。ポンペオ米国務長官は2度目の米朝首脳会談の可能性について詳細を詰めるために行った金委員長との会談で進展があったと同日報告した。

  韓国大統領府の発表によると、ポンペオ長官はソウル到着後、金委員長がトランプ大統領と「できるだけ早く」会談することに同意したと文在寅大統領に説明。韓国によれば、米朝は「非核化プロセス」を設定して、6月の首脳会談に続く会談の時間と場所を決定するために、正式な交渉グループを設立することを協議した。

  トランプ大統領は、ポンペオ長官が「きょう平壌で金委員長と良好な会談を行った。シンガポールの首脳会談での合意を巡り進展があった!近い将来に金委員長に再び会うことを楽しみにしている」とツイートした。

  ポンペオ長官と金委員長は、次回首脳会談の「場所と日程の選択肢を絞り込んだ」ほか、残りの主要問題の交渉を加速するために、それぞれの実務者チームに直ちに会合するよう指示したと、米国務省のナウアート報道官が発表した。金委員長はまた、豊渓里(プンゲリ)核実験場が不可逆的に廃棄されたことを確認させるために査察を受け入れる意向も示したという。

  金委員長はポンペオ長官との「生産的で素晴らしい会談」に満足したと、国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。最初の首脳会談の目標実施に向けて前進しつつあり、金委員長は「この目標に真剣に取り組んだトランプ大統領に謝意を表明した」という。

ポンペオ米国務長官と安倍晋三首相(10月6日、東京)

フォトグラファー:Eugene Hoshiko / Pool / AFP via Getty Images

  ポンペオ長官は6日に東京で安倍晋三首相と会談後、7日午前に平壌入りした。ポンペオ長官はこの後北京を訪問し、8日に米ワシントンに戻る。

原題:Trump Hopes to See North Korea’s Kim After Pompeo Meeting (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE