中国:9月の外貨準備高、減少-貿易摩擦激化で資本流出・元安懸念

  • 9月末時点の外貨準備高は3兆870億ドル-人民銀
  • 予想中央値は3兆1050億ドルだった-ブルームバーグ調査

中国の外貨準備高は9月に減少した。米国との貿易摩擦激化で資本流出や人民元の一段安を巡り懸念が強まっている。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した9月末時点の外貨準備高は3兆870億ドル(約351兆円)で、前月末の約3兆1100億ドルから226億9000万ドル減った。

  ブルームバーグのエコノミスト調査では9月末は3兆1050億ドル(中央値)と見込まれていた。

原題:China Foreign-Currency Reserves Drop on Trade Tensions, Yuan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE