カバノー氏、米最高裁判事承認ほぼ確実-コリンズ上院議員が賛成表明

スーザン・コリンズ米上院議員(共和党、メーン州)とジョー・マンチン上院議員(民主党、ウェストバージニア州)はいずれも、ブレット・カバノー氏を米連邦最高裁判所判事に任命する人事を支持すると表明した。カバノー氏の性的暴行疑惑を巡る議論に揺れる中、6日に上院本会議で行われる最終採決で同人事が承認されるのはほぼ確実となった。

カバノー氏支持を説明するコリンズ議員

撮影:ブルームバーグ

  コリンズ議員は上院で演説しカバノー氏の疑惑について、「最高裁判事への就任を阻む正当な理由になり得るとは考えない」と表明。先に反対票を投じると表明したリサ・マカウスキ上院議員(共和、アラスカ州)と一線を画した。コリンズ議員の演説直後、マンチン議員はカバノー氏支持の声明を発表。カバノー氏はこれで、最終承認に必要な支持票を確保したとみられる。

原題:Kavanaugh Wins Votes of Collins, Manchin to Ensure Confirmation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE