EU、英国に「最も踏み込んだ」自由貿易協定案を提示へ-関係者

  • 英首相の要求「およそ3ー4割」盛り込むが、摩擦のない貿易認めず
  • 未解決のアイルランド国境問題に注目集まる見通し

欧州連合(EU)が英国に提案する自由貿易協定(FTA)は、過去の例より深く踏み込んだ内容になる見通しだ。ただ、メイ英首相が求める「摩擦のない貿易」は拒否する。複数のEU外交筋が明らかにした。

  2人の外交筋によると、英国との将来の関係に対するEU側の提案には、メイ首相が求めた内容の「およそ3割から4割」が盛り込まれる。EUの首席交渉官を務めるミシェル・バルニエ氏のチームが5日に加盟国大使らに提案の概要を伝え、10日に正式に提示する予定だという。

  この提案はメイ首相の要求を満たしておらず、英議会での承認プロセスが難航する可能性がある。それでもEUが他国と結んだFTAの中では範囲と深さで過去最大となり、「追加条項」も含む見通し。外交筋は、欧州単一市場の統合を脅かすことになるため貿易で一定の摩擦は避けられないが、「可能な限り摩擦をなくした」合意だとメイ首相が国内でアピールするのは可能だろうと語った。

  このEU案はEUと英国の間の摩擦のない貿易を認めていないため、離脱交渉で最大の懸案となっているアイルランド国境問題に今後いっそうの注意が集まることになりそうだ。

原題:EU Is Said Ready to Offer U.K. ‘Super-Charged’ Free-Trade Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE