東南アジア最大級のユニクロ、マニラにオープン

  • マカティ・ビジネス街に位置、店舗面積は4100平方メートル
  • 経済規模と潜在成長力を考慮すると成長余地は大きい-果瀬氏
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

衣料ブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは5日、東南アジア最大級のユニクロをフィリピンの首都マニラにオープンした。アジア地域で最も経済成長が著しい同国を強化する。

  マニラのビジネス街マカティに位置する新店舗の面積は4100平方メートルで、2年前にシンガポールのオーチャードロードに開店した旗艦店(2700平方メートル)を大きく上回る。これによりフィリピン国内のユニクロは52店舗となり、店舗数は東南アジア諸国で最多、日本を除く世界では4番目に多い。

  ユニクロ東南アジア・オセアニアの果瀬聡最高経営責任者(CEO)は4日のインタビューで、「フィリピンの経済規模と潜在成長力を考慮すると、われわれが成長する余地は大きい」と述べ、「飽和状態にはほど遠い」と語った。

原題:Uniqlo Opens Biggest Southeast Asian Store in Manila’s Makati(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE