コストコの株価急落、IT関連問題を開示-利益は予想と一致

  • 財務データの不正閲覧の有無調べるため外部専門家を起用
  • 6-8月期は利益率低下-ガソリンの占める割合拡大で

4日の米株式市場の時間外取引でコストコ・ホールセールの株価急落を招いた情報技術(IT)上の問題は、財務データへのアクセスを遮断されるべきだった従業員が、同データに引き続きアクセスできる状態だったことに関連する。

  この問題について、コストコの幹部はアナリストとの電話会議で不明瞭な説明を行っていたが、その後、不正閲覧の有無を調べるため外部の専門家を雇い入れたことを明らかにした。同社は6-8月(第4四半期)の決算発表資料で、「財務報告プロセス」をサポートするシステムへのユーザーアクセスに関連した「内部統制の重大な欠陥」について開示する予定だと記した。

  リチャード・ギャランティ最高財務責任者(CFO)は、虚偽表示や違反などの問題は見つからなかったと述べた上で、年次報告書が公表されるまでは「より確実にはなれない」と説明した。同報告書は予定通りに提出される見込みだとした。

  コストコの株価は時間外取引で一時5.3%下落したが、電話会議でこの問題について質問したアナリストは1人だけだった。同社は問題が向こう1年で是正される見通しだとした。

  6-8月期決算では1株利益が予想と一致したものの、ガソリンが売り上げに占める割合が高まったため、利益率は縮小した。

  同社はさらに、上海に同社初の中国拠点を来年9月にオープンする計画を明らかにした。

原題:Costco Hit by Cryptic IT Issue After On-Target Earnings Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE