印ICICI銀:疑惑渦中のコッチャルCEOが辞任-株価上昇

  • バクシCOOが後継CEOに-任期は5年間
  • コッチャル氏はインド金融界を代表する女性の1人だった

インドのICICI銀行は4日、チャンダ・コッチャル最高経営責任者(CEO)の退任を発表した。不正疑惑の渦中にあり6月から休職していたコッチャル氏が退いたことを好感し、同行の株価は大きく上昇した。

  サンディープ・バクシ最高執行責任者(COO)がコッチャル氏の後任としてCEOに就いた。任期は5年間。同日のムンバイ市場でICICI銀株は前日比4.2%高の316.50ルピーで引けた。

  特定の融資先との契約に関連してコッチャル氏が見返りを得たとする匿名の告発や、利益相反を巡る規制違反の疑いを調査するため、同行の取締役会は委員会を設置している。発表資料によれば、コッチャル氏の辞任は調査に影響しない。コッチャル氏はかつてインド金融界で最も影響力のある女性の1人と見なされていた。

原題:ICICI Bank Surges as CEO Kochhar Steps Down Amid Probe (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE