米国株下落、国債利回り上昇-ハイテク株安い

更新日時
Photographer: BRYAN R. SMITH/AFP
Photographer: BRYAN R. SMITH/AFP

米国株は下落し、ボラティリティーが上昇した。米国債は売られ、利回りは数年来の高水準をつけた。

  S&P500種株価指数は3週ぶり安値に下げた。産業別11指数のうち9指数が下落。10年債利回りは7年ぶりに3.2%を一時上回り、株式市場で高配当利回り銘柄が売られた。テクノロジー株が特に下げ、ナスダック100指数は6月以来の大幅安となった。中国がマイクロチップを使って米国企業をハッキングしていたとのブルームバーグの報道が売り材料となった。

  • 米国株は下落、ボラティリティーが上昇
  • 米国債は下落、10年債利回りは一時3.2%超
  • NY原油は大幅反落、米石油受け渡し拠点の在庫増を嫌気
  • NY金は続落、ドルや国債利回りの上昇で需要減退

 
  S&P500種株価指数は0.8%安の2901.61。ダウ工業株30種平均は200.91ドル(0.8%)下げて26627.48ドル。10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して3.19%。

  プリンシパル・グローバル・インベスターズのチーフグローバルエコノミスト、ボブ・バウア氏は「10年債利回りは、年内か来年初めに3.5%に達するとみている。そうなれば株式市場にとって大きな問題になるだろう」と述べた。

  米国経済の強さを裏付ける経済統計が米国債の売りを誘発し、利回りは一気に押し上げられた。北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定合意を好感し、株価を押し上げていた投資家にも動揺が広がった。

  さらに米中関係も緊張が高まっている兆しが見られ、貿易摩擦は悪化する恐れがある。ペンス米副大統領は中国が米国の選挙に介入していると主張。米政府高官の発言としては、過去に例を見ない強硬な表現で中国批判を展開した。アリババ・グループ・ホールディングの共同創設者で会長の馬雲(ジャック・マー)氏は、関税問題が商取引を破壊すると警告していた。

  原油先物相場は大幅反落。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫がさらに積み上がっていたことが、ジェンスケープの報告資料で分かったと関係者が明らかにした。米エネルギー省が前日発表した統計でも大幅な在庫増が示されていた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は2.08ドル安の1バレル=74.33ドルで引けた。ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.71ドル安の84.58ドル。

  金先物相場は続落。4営業日のうち3日で下落した。ドルの戻しや米国債利回り上昇で、金の需要が後退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.1%安の1オンス=1201.60ドルで終了。

原題:Stocks Slide on Treasury Yield Worries, Tech Rout: Markets Wrap(抜粋)
Crude Tumbles Most in Seven Weeks as American Stockpiles Swell(抜粋)
PRECIOUS: Gold Futures Fall as Dollar Strengthens, Yields Rise(抜粋)

(第4ー6段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE