来るべくしてきた「交わりの時」トヨタとソフトバンク20年越しの提携

  • ものづくりのトヨタとデータ・AI駆使のソフトバンクが協業へ
  • 孫氏の魅力は「目利き」と豊田氏、目指すのは「交通事故ゼロ社会」

国内時価総額1位のトヨタ自動車と2位のソフトバンクグループが、自動運転など新たなモビリティの分野で協業するため新会社を設立した。これまで関係の薄かった両社が交わった背景には、「未来のモビリティ社会の実現」にこだわるトップの思いがあった。

  「私たちから見たソフトバンクの強みは未来のタネを見抜く先見性、目利きの力にある」。トヨタの豊田章男社長は提携理由をこう述べ、ウーバーや中国の滴滴出行などカーシェアリング企業への出資を加速させている孫正義会長兼社長を高く評価した。提携話は半年ほど前にトヨタ側から持ちかけ、若手社員同士の交流から始まったという。

壇上で堅く握手を交わす豊田章男氏と孫正義氏

  孫氏も「世界のトヨタ」からの提携オファーは「最初は本当かと驚いたが同時にいよいよという思いもあった」と語った。豊田氏は約20年前の課長当時、今回会見に同席したトヨタの友山茂樹副社長(当時は係長)と2人でソフトバンク本社を訪れ、孫氏が持ち込んだ商談を丁重に断ったエピソードを明かした。

  豊田氏は「トヨタが車を作る会社であった時には、実現しなかったソフトバンクとの提携がモビリティ・カンパニーを目指そうと考えた20年後には必要不可欠なものになっていた」と述べた。孫氏も「トヨタさんと交わる時が来た」と笑顔で話した。

  自動車の会社から「モビリティ・カンパニー」を目指すトヨタと人工知能(AI)の活用で人々を幸せにすることを目指すソフトバンク。これまでそれぞれ違う分野に注力してきた両社だが、未来に同じビジョンを描く企業として結びついた。孫氏は「時代が両社を引き合わせた気がする」と語った。2人が共に口にしたのは「交通事故ゼロ社会の実現」だ。

  孫氏は今回の提携を「両社グループの第1弾」と位置づけ、第2弾、第3弾の提携につなげたいとの期待感を示し、豊田氏もそうあってほしいと応じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE