ディストレスト債ファンドが出番を待っている-オークツリー会長

  • 今は資産を買うよりも売ることが多い-マークス氏
  • 「割安なものが見つかれば買っているが、見つけるのは容易でない」

オークツリー・キャピタル・グループの共同会長、ハワード・マークス氏は、今は資産を買うよりも売ることが多いと言う。

  同氏は3日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「高くなった資産を売り、割安なものが見つかれば買っているが、見つけるのは容易でない」と語った。

  同氏は先週の投資家向け文書で慎重を促したが、オークツリーはこの姿勢の一環として約85億ドル(約9720億円)規模のディストレスト債ファンドを用意している。
 
  同ファンドについてマークス氏は「あまり資金を活用していない」として、「厳しい時が来たら投資するための資金を用意している」と語った。

マークス氏がブルームバーグテレビジョンに語る

出所:ブルームバーグ)

原題:Marks Says Oaktree Finds More Selling Than Buying Opportunities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE