カバノー氏承認へ、FBI報告は疑惑確認せずと共和党

更新日時
  • フレーク議員:疑惑を「裏付ける新たな情報は含まれない」
  • マカウスキ議員は動議採決の前に十分な時間を取ることを望む
Photographer: Al Drago/Bloomberg
Photographer: Al Drago/Bloomberg

米連邦最高裁判所の判事に指名されているブレット・カバノー氏の性的暴行疑惑をめぐり、連邦捜査局(FBI)は今週に追加実施した身辺調査をリポートにまとめ、4日に上院議員らに非公開の場で開示した。共和党はカバノー氏承認を阻む記述は何らなかったとして、同氏承認への自信を示した。5日には指名承認に向けた動議が採決される。

  上院司法委員会のチャック・グラスリー委員長(共和、アイオワ州)は記者団に対し、「非常に良い気分だ」と発言。「疑惑を裏付けるものは一切なかった」と述べた。

米最高裁判事に指名されているブレット・カバノー氏

撮影: Andrew Harrer/Bloomberg

  一方で、FBIが聴取したのが9人だけだったことに民主党は反発。性的な被害を受けたと主張する2人がFBIに挙げた聴取候補者は数十人に及んでいた。上院司法委員会のダイアン・ファインスタイン議員(民主、カリフォルニア州)は調査は「完了していない」と批判。ホワイトハウスが「FBIの任務を妨害した」もようだと述べた。

  カバノー氏承認の鍵を握るとされる議員の1人、スーザン・コリンズ議員(共和、メーン州)は、調査は「非常に徹底的に行われた」ようだと述べた。先週の議会でFBI調査を求めたジェフ・フレーク議員(共和、アリゾナ州)も、疑惑を「裏付ける新たな情報は含まれない」と述べ、コリンズ議員に同調した。

  共和党で態度を留保していた3人目の議員であるマカウスキ上院議員(アラスカ州)は、指名承認に向けた動議採決の前に十分な時間を取ることを望むと述べた。動議の採決は5日午前10時半(日本時間同日午後11時半)の予定。

  カバノー氏が上院で指名承認を確実にするには、共和党で態度を留保する3人のうち2人からの支持が必要。共和党は定数100の上院で51議席を有する。コーカー上院議員(テネシー州)によると、FBIのリポートは46ページで、マカウスキ議員は聴取の記録が非公開の場で上院議員に読み上げられたものの、全部を聞くチャンスはなかったと話した。

  マコネル共和党上院院内総務は動議採決を5日に設定しており、可決された場合は、週末にも本会議でカバノー氏指名承認採決が行われる可能性がある。

原題:GOP Nears Kavanaugh Vote as Key Holdouts Call FBI Query Thorough
GOP Pushes Toward Kavanaugh Confirmation Following FBI Report(抜粋)

(マカウスキ議員の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE