米HPの株価上昇-来期利益見通し、力強いPC需要継続を反映

  • 19年10月期中に四半期配当を15%引き上げる方針
  • 37億ドル以上のフリーキャッシュフロー見込む

世界最大のパソコン(PC)メーカー、米HPは3日、2019年10月期について明るい見通しを示し、同社製品に対する力強い需要が続くと見込んでいることを示唆した。

  発表資料によると、一部項目を除く利益は1株当たり2.12-2.22ドルとなる見通し。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は1株当たり2.15ドルとなっていた。これを受け、HPの株価は時間外取引で一時約3%上昇した。通常取引終値は26.06ドル。

  同社はさらに、19年10月期中に四半期配当を15%引き上げる方針を示した。通期のフリーキャッシュフローは37億ドル(約4240億円)以上を見込む。売り上げの見通しは示さなかった。

原題:HP Inc. Gives Upbeat 2019 Forecast on Strong PC Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE