トルコ資産が急落、インフレ高進で政策対応の不十分露呈

  • リラは対ドルで約2%安、5年債利回りは84bp上昇
  • 9月インフレ率、最も高いエコノミスト予想も上回る

3日の金融市場でトルコの通貨リラと国債が下落。9月のインフレ率が予想を上回り、政策対応が不十分との懸念が強まった。

  リラはドルに対して約2%下落。5年物国債利回りは84ベーシスポイント(bp)上昇した。9月のインフレ率は24.5%に上昇し、ブルームバーグの調査に答えたエコノミストの中で最も高い予想をも上回った。インフレ率上昇で実質金利は再びマイナスとなった。中央銀行は9月に政策金利を24%に引き上げていた。

  リラは一時1ドル=6.0969リラに下落。イスタンブール時間午前11時42分現在は0.8%安の6.0344リラ。5年物国債利回りは22.72%に上昇。

原題:Turkish Assets Tumble as Inflation Puts Policy in the Spotlight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE