米フォード、配当利回りが17年ぶり高水準に到達-株価下落で

  • 配当利回りは7.93%と、01年9月以来の高水準
  • 配当引き下げを余儀なくされる可能性、ウォール街が警告

米自動車メーカー、フォード・モーターは株価下落で配当利回りが17年ぶり高水準となった。同社が苦境の中でいかに高い配当を支払っているか示している。

  2日の米株式市場でフォード株は9.20ドルと、2012年8月以来の安値で終了。その結果、配当利回りは年率換算で7.93%と、01年9月以来の高水準に達した。現在の四半期配当は1株当たり15セント。

  フォードの配当は自動車業界で最高水準にあるが、海外での利益が消え、最長5年で110億ドル(約1兆2500億円)規模の事業再編に乗り出す中で、同社が配当引き下げを余儀なくされる可能性があるとウォール街は警告。フォードは配当を維持すると主張している。

原題:Ford’s Stock Slump Sends Dividend Yield to Highest Since 2001(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE