イタリア危機は今、ルビコン川を渡った-マクロの視点

  • 政府の財政赤字目標、持続不可能とトリア財務相自ら認める
  • イタリアの債務はギリシャの7倍以上-ユーロに対する真のリスク

もはや安心してはいられない。イタリアは今や、今後数カ月の世界の市場に対する最大のリスクだ。

  イタリア国債利回りは、利払い負担のために自律的な債務増大をもたらし得る水準に達した。市場は事実上イタリアに宣戦布告した。

  2兆4000億ユーロ(約316兆円)に上るイタリア債務のデュレーション加重平均は6.77年で、表面利率の加重平均は3.05%だが、2日には7年物国債の利回りが3.13%で終了した。

  イタリア政府と欧州連合(EU)が利回り上昇を抑えるために協力しているならば心配される水準ではないが、現実はそれと程遠い。

  イタリア政府が財政赤字の目標とする対国内総生産(GDP)比2.4%はトリア財務相自らが持続不可能とする水準で、しかも「目標」にすぎない。予算の具体的詳細はまだ明らかでないが、投資よりも福祉支出を増やす予算であるという事実から、成長が予想より高くなるとは考えにくい。

  EU側はこの予算を認めない姿勢を明白にしているし、欧州中央銀行(ECB)が10月から債券購入を半減させていることも逆風だ。

  こうした状況に対し、投資家は過度に安心しているように見受けられる。ギリシャについても同じことがあったがユーロ圏は崩壊しなかったという感覚がある。しかしイタリアはギリシャとは全く違う。

  イタリアの債務はギリシャの7倍以上。また、ギリシャ危機がユーロ圏にあれほどのストレスを与えた理由は問題がイタリアに波及することへの懸念だった。ユーロに対する真のリスクはイタリアだと、債券投資家は昔から知っている。

  ジュリアス・シーザーがルビコン川を渡ったことが、民主的な共和制を終わらせ、帝政ローマの誕生につながったことは、現在のイタリアでのポピュリスト台頭に照らして興味深い。
(マーク・カドモア)

  (カドモア氏は、ブルームバーグのために執筆するマクロストラテジストです。この記事は同氏自身の見解であり、投資助言を意図したものではありません)

原題:The Italian Crisis Has Just Crossed the Rubicon: Macro View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE