大手キャリアの「5G」サービス、低料金を模索の方向か-公聴会で

  • 「安価な料金を」とKDDI社長、「スマホくらいで」とドコモ社長
  • 大手3社は19年にも試験サービス開始へ、楽天も20年の導入目指す

NTTドコモKDDIソフトバンクの携帯大手3社は次世代通信方式「5G」による新サービスについて、低料金での導入を検討する方針だ。ラグビーW杯が開催される2019年には試験的なサービスを開始したい意向。来年キャリアに参入する楽天グループも20年には一部サービスを始める計画で5Gを主戦場に激しい競争が始まる。

  各社の幹部が3日、総務省の公聴会で述べた。ドコモの吉沢和弘社長は現在の「スマホと同じくらいの料金でサービスできないか。もう少し明確にしたい」と話した。KDDIの高橋誠社長も「安価な料金を提供していかなくてはならない」と言及。ソフトバンクも法人、個人向けなどで多様なプランを作る方針を示した。だが、各社とも料金プランは20年の本格的なサービス開始直前に公表するとした。

  5G技術は通信速度が現在の4Gの約100倍となり、タイムラグも1000分の1秒以下に抑えられる。膨大なデータの送受信や大きな作動誤差が許されない自動運転や遠隔医療技術の発展に欠かせない。VR(仮想現実)への採用で臨場感あるスポーツ観戦も可能になる。総務省は日本の携帯料金は国際的に高いとして既に4Gサービスでの料金引き下げをキャリアに求めている。

  ソフトバンクの宮内謙社長は、中国やアメリカでは競争が既に過熱しており、「世界で5G競争は始まっている。これは国家間競争でもある」などと述べた。各社が19年の試験導入を目指すのは超高速通信サービスで、ドコモは端末も貸し出し無料で提供する計画。楽天モバイルネットワークの山田善久社長も「20年春に超高速ブロードバンドサービスの実現を目指す」と述べた。

  5Gの導入は経済波及効果も大きいとみて政府は、大手携帯キャリア各社と連携しながら20年の東京五輪・パラリンピックに向けて取り組みを進めたい考え。韓国では18年2月の平昌(ピョンチャン)五輪で、無人シャトルバス運行やスケート競技場の状況を把握する360度カメラの映像受信などに開発中の技術を使用した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE