死者1200人超、インドネシアのスラウェシ島地震-さらに増える恐れ

  • ジョコ大統領は救助・復旧活動の強化を指示
  • 800人近くが重傷-ベルギー人と韓国人を含め行方不明者99人

インドネシアのスラウェシ島を襲った地震と津波による死者数が1200人を超え、ここ10年余りで最悪の自然災害となっている。当局は被災地への食料や医薬品の搬送を急いでいる。

スラウェシ島の被災地

写真家:Ulet Ifansasti /ゲッティイメージズ

  9月28日にマグニチュード7.4の地震が発生した後、スラウェシ島では軍と警察からも数千人が出動し救助活動が行われている。ジョコ大統領は救助・復旧の強化を指示するとともに、食料品などの略奪が起きていると報じられる中で、生活必需品の供給を増やすよう命じた。

  米ホワイトハウスはトランプ米大統領がジョコ大統領と電話で会談し、被災者とその家族への支援を約束したと発表した。

過去30日間に発生したマグニチュード4.5以上の地震

  死者数は10月2日時点で1234人に増加。当局は倒れた建物の下敷きになって亡くなるなどした約900人を埋葬する準備を進めている。800人近くが重傷を負い、ベルギー人と韓国人を含む99人の行方が分からなくなっていると国家災害対策庁のストポ・プルウォ・ヌグロホ報道官が明らかにした。同報道官によれば、まだ多くの人が倒壊した建物の中に取り残されているとみられ、死者数はさらに増える恐れがある。

  約1万7000の島から成り環太平洋火山帯に位置するインドネシアは地震や火山の噴火が多く、2004年12月26日のスマトラ島沖で発生したマグニチュード9.1の地震と津波では16万以上が死亡。スマトラ島は09年にも地震と津波に襲われ1100人以上が亡くなった。

原題:Death Toll Tops 1,200 in Worst Indonesian Quake Since 2006 (1)、Trump Vows to Help Victims of Indonesia Earthquake, Tsunami (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE