長期金利上昇、16年1月来の0.155%ー米金利先高警戒で売り圧力

更新日時
  • 超長期債も軒並み下落、流動性供給入札での需要の弱さ重し
  • 急速な米金利上昇ペースで内外の金利リスク圧縮の流れ-SBI証

4日の債券相場は下落し、長期金利は2016年1月以来の高水準を付けた。米雇用統計の発表を週末に控えて米金利の先高警戒感が強まったほか、この日に実施された超長期ゾーン対象の流動性供給入札が需要の弱さを示す結果となったことが背景。

  長期金利の指標となる新発10年物国債の352回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より1ベーシスポイント(bp)高い0.145%で取引を開始。米長期金利がアジア時間の取引で一段と上昇したことも売り圧力を強める要因となり、午後には0.155%と新発債としては2016年1月29日以来の利回り水準を付けた。

  SBI証券の道家映二チーフ債券ストラテジストは、「3日に米国で発表された経済指標が強かったので雇用統計にも期待感が生じており、米10年債利回りは一段上昇の可能性がある。米金利の上昇ペースが速いため、内外の金利リスク圧縮の流れで円債も売られやすくなっている」と指摘した。また、「流動性供給入札の結果も強い投資家ニーズが感じられなかった」と言う。

  超長期債も売られ、新発20年物の165回債利回りは3.5bp高い0.69%と、17年2月以来の水準まで上昇。新発30年物59回債利回りは3.5bp高い0.95%、新発40年物11回債利回りは4bp高い1.115%と、ともに16年2月以来の高水準を付けた。

  長期国債先物の中心限月12月物は前日比12銭安の150円05銭で取引を開始。一時は149円95銭と、日中取引ベースで8月2日以来の水準まで下落し、結局は21銭安の149円96銭で引けた。 

   米10年債の利回りは4日のアジア時間の取引で3.2%台に乗せて11年5月以来の高水準を付けている。ADPリサーチ・インスティテュートが3日に発表した給与名簿に基づく集計調査で9月の米民間雇用者数が7カ月ぶりの大幅増加となったほか、同月の米供給管理協会(ISM)非製造業総合景況指数も市場予想に反して記録的な高水準に達したことなどを背景に債券売り優勢の展開が続いている。

  SBI証の道家氏は、「8月の米雇用統計で賃金の伸びが9年ぶりの高水準となって以降、米国のインフレ期待が上がっている」と指摘。「市場ではそれほど警戒感はなかったが、だいぶ見方が変化してきており、米金利の先高観が強くなってきた。そうした流れの中で、円債も売られやすい」と話した。

8月の米雇用統計の結果はこちらをご覧下さい。

流動性供給入札

  財務省はこの日、残存期間15.5年超39年未満を対象に投資家需要の強い既発国債を追加発行する流動性供給入札を実施。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は1.84倍と、前回の同残存期間を対象にした入札の2.26倍を下回った。最大利回り格差は0.037%、平均利回り格差は0.028%だった。

  SBI証の道家氏は、「最終投資家がどこで買ってくれるかということだが、来週は30年債入札を控えるなど、慌てて買わなくてもいいという環境になっている」としている。

過去の流動性供給入札の結果はこちらをご覧下さい。

新発国債利回り(午後3時時点)

前日比
2年債-0.11%+1.0bp
5年債-0.06%+1.0bp
10年債0.155%+2.0bp
20年債0.690%+3.5bp
30年債0.950%+3.5bp
40年債1.115%+4.0bp
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE