Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米国株は総じて下落もダウは最高値、金が高い

更新日時
  • アマゾンの賃金引き上げで小売株に売り圧力
  • 金は上昇、5週ぶりの大幅高-逃避需要高まる
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

2日の米国株は総じて下落。値動きの大きな一日となった。アマゾン・ドット・コムによる賃金引き上げが小売株に売り圧力を加えたほか、貿易を巡る緊張緩和で、国内志向の小型株は2カ月ぶり安値に下げた。米国債は上昇した。

  S&P500種株価指数は小幅下落。北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」を手掛かりに、小型株への売り圧力はこの日も続いた。ボーイングやキャタピラーが上げをけん引し、ダウ工業株30種平均は最高値を更新。インフレ警戒を否定するパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言は、米国株への圧力を強めた。

  • 米国株は総じて下落、ダウ平均は最高値
  • 米国債は上昇、10年債利回りは3.05%
  • NY原油は4年ぶりの高値付近、イランの輸出落ち込む
  • NY金は上昇、5週ぶり大幅高
  •   S&P500種株価指数が前営業日比0.1%未満下げて2923.43 。ダウ工業株30種平均は122.73ドル(0.5%)上げて26773.94ドル、ナスダック総合指数は0.5%低下し7999.55。小型株で構成するラッセル2000種は1%下げた。米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して3.05%。

      パウエル議長は、最近みられる賃金上昇ペースの加速を歓迎しつつ、失業率低下で物価が急激に上昇し、積極的な利上げを余儀なくされることにはならないとの自信を示した

      議長はボストンで講演。講演原稿によれば、「賃金上昇は確認された価格インフレや労働生産性の伸びとおおむね整合しているため、労働市場の過熱を示唆しない」と述べた。「また、賃金の伸び率上昇だけでは、必ずしもインフレ的とは言えない」と続けた。  

      アマゾンは米国と英国の全従業員を対象に最低賃金を引き上げると発表した。11月1日付で時給15ドル(約1700円)に引き上げられる最低賃金は、25万人以上の米従業員に適用される。英従業員の時給はロンドンで10.50ポンド(約1550円)、それ以外の地域では9.50ポンドに引き上げられる。

      原油先物相場は4年ぶり高値付近。米国による制裁再開を控え、イラン産の原油およびコンデンセート(超軽質原油)の輸出量が落ち込んだ。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は7セント(0.09%)安の1バレル=75.23ドルで引けた。

      金先物相場は5週ぶりの大幅高。イタリア財政を巡る混乱を受け、安全逃避先としての需要が高まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は1.3%高の1オンス=1207ドルで終了。8月24日以来で最大の上げとなった。

    原題:U.S. Stocks Edge Lower, Dollar Gains With Metals: Markets Wrap(抜粋)
    PRECIOUS: Gold Posts Biggest Gain Since August on Italy Angst(抜粋)
    U.S. Gas Advances for Second Day as Heat Seen Boosting Demand(抜粋)
    Fed’s Powell Downplays Inflation Risk With Expectations Anchored(抜粋)
    Amazon Raises Minimum Wage for All U.S., U.K. Employees (1)(抜粋)

    (第4-6段落を加えます.)
      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
      LEARN MORE