ブラックストーン、同業株式取得へ-新ファンドで33億ドル調達目指す

米投資会社のブラックストーン・グループは代替資産運用会社の株式取得を目的とした第2のファンドについて、投資家との協議に入った。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同社では直ちに新たなファンドを設定するためにスコット・スーサ氏率いるチームが編成されたと、これらの関係者は情報が非公開であることを理由に匿名で話した。広報担当のポーラ・チャーハート氏はコメントを控えた。

  ブラックストーンは第2のファンドの資金として、少なくとも33億ドル(約3750億円)の調達を目指している。同ファンドはプライベートエクイティ(未公開株)や不動産、インフラを中心に代替資産を運用する会社を対象に、少数株を取得すると関係者の1人が話した。

  ブラックストーンは2014年に同種のファンドとしてブラックストーン・ストラテジック・キャピタル・ホールディングスを設定し、33億ドルを調達した。

原題:Blackstone Is Said to Seek $3.3 Billion to Buy Stakes in Peers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE