ジュリアス・ベア、元行員の口座調査で米法律事務所起用-関係者

  • 元行員クルル被告はベネズエラ資金12億ドルの洗浄で8月に有罪認め
  • 法律事務所クイン・エマニュエルが調査主導、単独犯か見極めへ

スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベア・グループはマネーロンダリングをほう助したとして8月に有罪を認めた元行員が管理していた銀行口座を調べるため、米法律事務所を起用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公表の情報であることから匿名で語った関係者3人によると、法律事務所クイン・エマニュエル・アークハート・サリバンがこの調査を主導している。

  マティアス・クルル被告は国営ベネズエラ石油(PDVSA)が資金12億ドル(約1360億円)を洗浄する手助けをしたと認めた。関係者の1人によると、同被告はジュリアス・ベアに対し、洗浄に当たり同行の口座は使わなかったと伝えてきた。ジュリアス・ベアはクルル被告が管理していた5億ドル以上に相当する口座500余りを調べるようクイン・エマニュエルに依頼し、被告の行動が単独だったのか行内に他の協力者がいたのかを判断しようとしている。

  クルル被告の弁護士、オスカー・ロドリゲス氏とジュリアス・ベアはコメントを控えた。クイン・エマニュエル広報は今のところコメントの要請に返答していない。

  クイン・エマニュエルの調査は6カ月に及び、費用は2000万ドルを超える可能性があると、関係者の1人は述べた。

原題:Julius Baer Is Said to Have Law Firm Look at Banker Accounts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE