銀行基盤なかった国で歓迎されたマイクロ融資、今は国民苦しめる

  • マイクロファイナンス機関の融資残高、カンボジアGDPの12%相当
  • 最貧層への平均融資規模、年間所得の70%-MIMOSA

カンボジアの首都プノンペンに近い村タスコーでメコン川の向こうに日が昇ると、ソファルさんは妻と共に洪水被害を受けたトウモロコシ畑を元に戻そうと懸命に働く。

  かつては家計を支えるのに十分な収穫のある畑だったが作柄不良が数年続き、ソファルさん(60)はさまざまな小口金融(マイクロファイナンス)機関(MFI)から少額融資を受け始めた。河川の氾濫がたびたびあり、今は2000ドル(約22万7500円)の借金を返済できるかどうか分からないと言う。

通勤のためメコン川を渡りプノンペンに向かう人々

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

フン・セン首相(7月の総選挙)

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  名字を伏せることで取材に応じたソファルさんのような話は、MFIが急成長し高利貸が幅を利かすカンボジアでは珍しくない。まだまだ貧しい国民が多い中で、家計債務は過去最大に膨らんでいる。エコノミストらはこうした債務増大は経済成長にブレーキをかけるだけでなく、格差が拡大し、社会不安に火を付ける恐れがあると指摘する。

  世界銀行によれば、カンボジアのMFIにおける資産とクレジットは2010年から10倍余りに急拡大。カンボジアの平均融資額は14年までの10年間に200ドルから1000ドルと、国民1人当たりの所得の倍のペースで増えている。

プノンペンにあるMFIの支店

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  カンボジア国立銀行(中央銀行)のデータは、17年末時点で約200万人の借り手が過去最大の28億ドルの債務を抱えていることを示している。プノンペンにあるシンクタンク、フューチャー・フォーラムのディレクター、オウ・ビラク氏は借り手の1割が借金を返済できないと指摘。「所得はここ10年で増えたが、景気が落ち込めば人々は職を失い、持続不可能な環境に陥るかもしれない」と話す。

  カンボジアマイクロファイナンス協会の委託を受け、コンサルティンググループのマイクロファイナンス・インデックス・オブ・マーケット・アウトリーチ・アンド・サチュレーション(MIMOSA)がまとめたリポートによれば、カンボジアの最も貧しい顧客を対象としたMFIの平均融資規模は16年時点で、年間所得(中央値)の70%。世銀によると、金融機関に貯蓄を持つ国民は同年、推計で全体の3.6%にすぎなかった一方で、MFIの融資残高は国内総生産(GDP)の12%相当だ。

プノンペンにあるウェルカム・ファイナンス社の支店

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  今年7月の総選挙では与党カンボジア人民党(CPP)が下院の125議席全てを獲得。フン・セン首相は30年以上にわたり統治を続けている。クメール・ルージュによる大虐殺と内戦の長期化で銀行インフラが事実上なかったカンボジアでは当初、マイクロファイナンスは安価な資本を提供することで貧困の緩和に寄与すると歓迎されていたが、今や家計債務が全国的な問題となっている。

  だがフン・セン政権はMFIとは距離を置く。首相の公式サイトでは「全てのMFIは民間で、国は所有していない」と強調。CPPのソク・エイサン報道官と最高国家経済評議会のメイ・カルヤン上級顧問に繰り返しコメントを求めたが、返答は得られていない。

原題:Microfinance Runs Amok in Cambodia Where ‘Everybody Has a Loan’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE