シタデル出身者がファンド、ヘルスケアとテクノロジーに投資-関係者

  • 来年7-9月に少なくとも10億ドルでトレーディング開始予定
  • ヘルスケア率いたロックフェラー氏、シタデルで最大20億ドル管理

シタデルで数十億ドル規模のポートフォリオを管理していた2人の投資家がチームを組み、ヘッジファンドを開始する。

  事情に詳しい複数の関係者によると、シタデルのサンフランシスコ・オフィスでヘルスケアチームを率いていたマイケル・ロックフェラー氏と、テクノロジー投資専門のカール・クローカー氏がファンドを設立する。さらにシタデルのグローバル株式事業で米国トレーディング責任者を務めていたマシュー・フッカー氏が最高執行責任者(COO)として加わった。

  非公開情報だとして匿名を条件に語った同関係者らによれば、サンフランシスコに本拠を置くこのヘッジファンドは、ヘルスケアとテクノロジー関連銘柄に投資する。来年7-9月(第3四半期)に少なくとも10億ドル(約1140億円)でトレーディングを開始する予定だという。社名はまだ決定していない。

  昨年シタデルを退職したロックフェラー氏は同社に6年間勤務し、最大20億ドルを管理していた。 昨年2月に退職するまで13年間在籍したクローカー氏は約30億ドルを管理。フッカー氏は12年間過ごしたシタデルを昨年4-6月(第2四半期)に退職した。

原題:Ex-Citadel Managers Are Said to Plan Health-Care and Tech Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE