インドネシア・ルピア下落、1998年以来の1万5000ルピア台

  • ルピアは年初来で9%余り下げている-経常赤字拡大などで
  • 中銀の市場介入や利上げでもルピア下落に歯止めかからず

2日の外国為替市場でインドネシアの通貨ルピアが下落し、1ドル=1万5000ルピア台となった。新興市場資産を巡るセンチメント悪化と経常赤字拡大で、20年ぶりのルピア安水準を付けた。

  ルピアは一時、1ドル=1万5009ルピアと、アジア金融危機中の1998年7月以来の安値を記録。年初来では9%余り下落している。

  インドネシア銀行(中央銀行)は市場介入のほか5月以降5回の利上げで通貨防衛を図っているが、ルピア下落に歯止めはかかっていない。

原題:Rupiah Weakens Past 15,000 per Dollar for First Time Since 1998(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE